2007年11月01日

USB接続の無線LANアダプター

TrueMobile1300/USB2.0先月末に何かあるかと秋葉原を彷徨いて眼に留まった物がUSB接続の無線LANアダプターでした。本当はある目的の為だったのですが…


TrueMobile1300/USB2.0他

OraOra!でDELL純正無線LANアダプターTrueMobile1300/USB2.0接続 b/g対応の箱入り品980円と本体のみ300円×3。TrueMobile1300の箱入り品はUSBケーブルとセットアップCDと取説が入っています。
その他には、ファーストポイントでPC-VP-WP33 525円。PCセレクトでマザーボードの各種I/Oパネル 50円×4種を購入しました。

早速、本体のみ300円のTrueMobile1300をセットアップします。接続は普通のminiUSB端子からUSBケーブルでパソコンに繋ぎ後はデバイスドライバーを入れるだけで終了です。デバイスドライバーもネットでダウンロード出来ますしminiUSBケーブルも余り物があるので箱入り980円は買わなくても良かったかも知れません。
当たり前に普通に使えます。電波の受信感度もさほど悪い感じでは無いようです。

離れた部屋にあるデスクトップパソコンなどへLANケーブルも引くことが要らなくなるので速度を犠牲にすれば300円なら安上がりで最適な感じです。

TrueMobile1300の分解

ある目的とはノートパソコンの内部にこの物体を内蔵できるのでは?と思ったのです。
早速、分解します。分解はいたって簡単、裏のゴム足の下にビスが2本隠れているのでそれを外せば簡単に分解できます。(要トルクスレンチ)

TrueMobile1300の分解

側を取り払ったところです。アンテナが上部カバーに付いています。

TrueMobile1300の分解

メインチップの型番はISL 3880IK

TrueMobile1300の分解

それでは、ノートパソコンの内部に内蔵出来るか検証するため基板の長さを測ってみます。

検証結果…基板の全長は14cm。
これでは、大きすぎてノートパソコン内に内蔵する目的は達成出来そうもありません。ノートパソコンに内蔵させるには素直にminiPCI等の無線LANカードを使うべきですね。
posted by J4 at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63933651

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。