2008年08月16日

PC-VA80H/CHの故障

PC-VA80HCH1.8インチハードディスクも用意できたので、久しぶりにPC-VA80H/CHを空いた時間に少しづつセットアップしていましたが、Windows Updateも終わり、セキュリティ関係のソフトも入れてそろそろ完成かなぁと思っていたら、突然シャットダウンしその後、二度と立ち上がらなくなりました。

PC-VA80HCH

これと同じ時期のPC-VA93J/BHなどは、積層セラミックのチップコンデンサが内部でショートし基板が焦げ付く現象がありましたが、その時も突然シャットダウンしその後二度と立ち上がらなくなる症状は今回も全く同じです。

ただ、今回は焦げ臭く無かったので他の症状も考えられますがとにかく分解してみない事には始まらないので早速分解です。この機種は比較的分解が簡単なので10分もかからず画像のような状態になりました。

何処がおかしいのか原因を探るために基板の表裏を見まわしてみましたが特に焦げたりしている所は見当たりません。そこでアダプターをつなげて基板を触りまくってみると、基板表側でバッテリー接続端子付近の黒いプラスティックフィルムの下で妙に熱っつい箇所が一ヶ所あります。そこで、黒いプラスティックフィルムを剥がして見てみるとそこには積層セラミックのチップコンデンサがありました。

おそらくこれが故障の原因と思われますが、焦げているわけでもなく変わった所は無さそうでしたので一度、黒いプラスティックフィルムを貼りなおして再度、アダプターをつなげてから黒いプラスティックフィルムを剥がしてみるとボロボロと角が欠けた状態のチップコンデンサが出てきました。

PC-VA80HCH 積層セラミックのチップコンデンサ

原因が特定できたので後はチップコンデンサをジャンクノートの基板から取り外して張り替えです。

PC-VA80HCH 積層セラミックのチップコンデンサ

サクッ!と張り替え終了。

PC-VA80HCH 積層セラミックのチップコンデンサ

無事に起動できるようになりました。
PC-VA○○○/CHシリーズも今後同じような故障が多発しそうですね。

PC-VA80HCH
posted by J4 at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。